きなこのこと  覚書

7月 23日(水曜)

きなの後ろ右足の甲のところにできていた 腫瘍が
少し大きくなってきて(1cmくらい)
まずは FNA手技法で調べてもらう

その結果 この先の検査をしたほうがいいとのことで
パンチ生検手技法で 
腫瘍の一部を切り取る検査
局所麻酔で 一針縫う
a0134004_2239842.jpg



a0134004_22392327.jpg



a0134004_22401581.jpg



a0134004_22394510.jpg



a0134004_2240071.jpg





7月26日(土曜)

傷口の経過を見てもらいに

問題なし
a0134004_22413959.jpg


ひとりだと 車が広いねぇ・・



8月2日(土曜)

旅の帰りに 抜糸
と思ったら すでに 糸はなし

旅行中 気をつけていたけど
    歩かせる時は 靴を履かせたり テーピングをしたり
    ジッとしている時は 通気良く
でも ちょっと ジクジクしていて 血がにじむので
その処置をしてもらう
傷つけた腫瘍は わりと ジクジクして 治りが遅いそうです



8月7日(木曜)
a0134004_22425758.jpg

病理検査の結果
悪性ではなかったぁ~
アポクリン腺腫でした

    よかった! 本当に良かった!!
    結果がわかるまで 長かったぁ・・・


でも このままにしておくよりは
腫瘍を 取った方がいいと言われる
悪性化しやすいのかな



悪性だったら 右後ろ足 切除と 言われていた・・
    ショック すぎる・・・
良性の場合は 腫瘍のみ取ればいいらしい


でも 全身麻酔・・・

少し考えてみよ



きなちゃん 
いろいろ あるね。。





今日も 一日 ありがとう~056.gif





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by mk3-yumi | 2014-08-07 22:54 | きなくるこむの身体のこと