読み始めから。。

今日の朝散歩 
昨日よりも20分程早く 家を出ました
一駅先の公園へ

5時半前に着けば やっぱりいいね
a0134004_16295966.jpg

自転車隊の きなと私

少し早く出た 歩き隊の こむとパパさん

あっ いたいたぁ~
こむぅ~~
a0134004_16312925.jpg


おいで~~
a0134004_16315284.jpg


きたきたぁ
a0134004_1632697.jpg


はぁぁ~い
a0134004_16324891.jpg



この時間なら まだ だぁれも来てないね
よかったね
一足先に帰る 歩き隊
a0134004_16344554.jpg



バイバ~イ
a0134004_16345769.jpg

きなは 1周400mくらいかな
今日は 2周して 








読み始めました
とても 読みやすい本です
すでに 序章で まいってしまった!




     この街でたくさんの人にやさしくしてもらって暮らしている。
     楽しいと大好きがたくさんある街だ。


     毎朝、目が覚めるとあの子は言ってくれた。
     「おはよう、 大好きだよ」
     眠る前にはやさしく撫でながら言ってくれた。
     「大好きだよ、 おやすみ」
     あのやさしい言葉たちに包まれて暮らしてきた。
     きっとこれからも生きていく。

        

     「おはよう、 大好きだよ」
     「大好きだよ、 おやすみ」
     たくさん言ってくれた言葉が体にいっぱい詰まっていて、
     溢れそうになるから商店街のみんなにも分けてあげる。
     尻尾を振りながら言うのだ。
     「おはよう、 大好きだよ」
     「大好きだよ、 おやすみ」
     心臓が止まる日まで言い続ける。


                            『ブックのいた街』



読み始めから 泣けてしまいました。。








☆ くるみ ☆

2007年  晩秋


a0134004_16533461.jpg

      

a0134004_16534683.jpg



a0134004_16535823.jpg



a0134004_16541046.jpg



a0134004_16542189.jpg









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by mk3-yumi | 2015-08-11 16:35 | その他